長野県のシルクを今に伝える MOVIE CLIPS

長野県とシルク

蚕種・養蚕・製糸すべての蚕糸業において我が国をリードし、「蚕糸王国」として近代化を進めてきた長野県。 時を経て平成26年6月、富岡製糸場及び絹関連遺産群が世界文化遺産に登録され、長野県のシルク産業・文化にも注目が集まり始めています。このような中、岡谷市をはじめとする県内各地の蚕糸文化を持つ地域が連携し、見つめ直すことで日本の伝統的なシルク文化を将来へ引き継ぎ、観光産業として、さらに新たなシルク産業の創造を目指しています。