施設の紹介

安曇野市天蚕センター

安曇野市穂高有明地区では、天明年間から天蚕の飼育が始まったと伝えられ、明治30年頃の最盛期には有明村を中心に1年間に8000万粒の繭を生産していました。その後、病気の流行などにより衰退し、大正4年の焼岳噴火の降灰や第2次世界大戦の影響で飼育が途絶えてしまいました。昭和48年、穂高町が飼育未経験の農家を説得し、飼育が再開されました。現在は安曇野市天蚕振興会により、受け継がれた伝統が守られています。

image1
image2
image3

安曇野市天蚕センターでは、天蚕の歴史や生態を、古くから受け継がれてきた機具や資料の展示、ビデオ上映によりわかりやすく展示しています。

天蚕センターに隣接する安曇野天蚕工房では、天蚕糸を使った手機織りを見学することができ、ショップでは天蚕糸を使用した製品を販売しています。

名称
安曇野市天蚕センター
住所
安曇野市穂高有明3618-24
連絡先
0263-83-3835
駐車場
6台
開館時間
午前9:00~午後5:00(4月~10月)、午前9:00~午後3:00(11月~3月)
休館日
毎週月曜日(祝日又は振替休日にあたる場合は開館し、翌平日休館)、祝祭日の翌日
入館料
無料
URL
アクセス
電車の場合:JR大糸線穂高駅よりタクシー10分
お車の場合:長野自動車道 安曇野ICより約20分
地図