塩尻市

グルメ
桔梗ヶ原ワインバレー

約130年前から、ブドウ栽培・ワイン醸造が始まり、ぶどう栽培家や醸造家の絶え間ない努力を経て、現在もなお開拓され続けている。 16社のワイナリーと1校のワイン醸造をしている高校がある。工場見学、試飲等、詳細については各ワ […]

詳しくはこちら
土産
漆工町木曾平沢

近代以降より木曽漆器の産地として大きく発展し、平成18年に漆工町としては日本で唯一、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。 江戸時代の出梁造だけでなく、大正時代から戦前にかけての建物や戦後の建物など、各時代の特 […]

詳しくはこちら
歴史・文化
楢川歴史民俗資料館

鳥居峠の登山口にある資料館。木曽谷に暮らした人々の生活を偲ぶ数々の品物や生活道具が展示されている。 宿場当時の江戸時代から、明治〜大正〜昭和へと時代の流れに沿って変化していく暮らしを見ることができる。 奈良井宿の切り絵の […]

詳しくはこちら
歴史・文化
元洗馬歴史の里資料館・釜井庵

菅江真澄や、医学者で当時蔓延していた結核の治療・予防に貢献した文化勲章受章者熊谷岱蔵博士、釜井庵・洗馬の歴史文化の資料、また「洗馬焼」をはじめとした塩尻の焼き物等を展示。

詳しくはこちら
歴史・文化
塩尻短歌館

塩尻市に縁ある歌人の足跡をたどる資料を展示。 書簡や歌集が中心で一個人を対象にした展示館でないことが特色。 また、短歌館の母屋はこの地方独特の本棟造の建物を移築したもので国有形登録文化財にも指定されている。

詳しくはこちら
歴史・文化
平出遺跡ガイダンス棟

火起こし、勾玉づくり、弓矢飛ばし、土器作りなど、各種の古代体験ができる。(一部有料) 2階に展望室があり、遺跡公園を一望できる。

詳しくはこちら
歴史・文化
平出博物館

昭和29年に建設された施設。住民によって偶然畑の中から掘り起こされ、出遺跡発掘のきっかけを作った県宝の緑釉水瓶をはじめ、数多くの出土品を展示している。

詳しくはこちら
歴史・文化
平出遺跡

縄文時代、古墳時代、平安時代にかけての大規模な集落の跡290を超える建物跡と、膨大な数の遺物(土器類、勾玉、土偶、鉄製の鎌など)が出土している。 昭和27年には国史跡に指定された。現在、遺跡の保護・活用のために史跡指定地 […]

詳しくはこちら
歴史・文化
木曽漆器館

木曽平沢の街並みのほど近くにある漆器の博物館。 人間国宝、県法認定者などの地元伝統工芸師の手によって製作された作品をはじめ、有形民俗文化財なども展示されている。

詳しくはこちら
歴史・文化
中村邸

漆櫛の問屋を営んでいた中村家の住居で、天保年間(1830~1843)の建物。二回を少しせり出させる出梁(だしばり)づくり、鎧庇(よろいびさし)など、典型的な奈良井の民家の様式を残し、市の有形文化財に指定され、内部が公開さ […]

詳しくはこちら
名所・旧跡
木曽の大橋

樹齢300年以上の木曽檜づくりで、橋脚のない橋としては有数の大きさを誇る。 橋の下部の木組からは匠の技を垣間見ることができる。

詳しくはこちら
歴史・文化
奈良井宿

約1キロメートルにわたって江戸時代や明治時代の建築物が立ち並び、中山道木曽十一宿中最も賑わった宿場町だった。 その繁盛のさまは「奈良井千軒」とも呼ばれたほど。 往時の面影を色濃く残す奈良井宿は、昭和53年に国の重要伝統的 […]

詳しくはこちら